黒部峡谷トロッコ電車を勧めたい

黒部峡谷鉄道 運賃について

紹介したい理由

突然ですが、ストレスを溜めて生きてはいけません。発散には自然に触れることです。では発散しましょう。場所はこちらで決めました。

行き先はここ

黒部峡谷トロッコ電車

http://www.kurotetu.co.jp/

何故”黒部峡谷トロッコ電車”なのか

富山県、黒部峡谷でトロッコに乗る。黒部峡谷には自然が引くぐらいある。そのうえ、トロッコに乗れる。そもそも、人間は男女と、トロッコに乗りたい人、乗りたくない人、に分かれるけれど、大体は男のトロッコ乗りと女のトロッコ乗りになる。結論、トロッコは乗りたい乗り物No1であり、No1には誰しも憧れるもので、そういった次第で、黒部峡谷トロッコ電車に行く以外、選択肢がない。

はやる気持ちを抑えつつ、

さて、行くと決まったものの、ひとつ、決めて貰わないといけないことがある。それは乗車する客車である。

料金体系はこう。

20170930時点ですと、宇奈月 〜 欅平までで1710円です。往復で3420円です。そして、これに客車代が加算されます。

運賃
http://www.kurotetu.co.jp/sp/ticket/

簡単に客車毎の違いをまとめる

普通客車
– 最安値
– むき出し
– 窮屈

リラックス客車
– 530円追加料金
– 窓あり
– ゆったり

特別客車
– 370円追加料金
– 窓あり
– 少しゆったり

客車のご案内
http://www.kurotetu.co.jp/syaryou/kyakusya/

普通客車について

王道トロッコ客車である。屋根はあるが、車体側面はほぼ吹きっ晒しで、屋根の付いたボートみたいなもんである。席は、革のベンチを並べられるだけ並べた感じで狭い。座った先はすぐオジさんの背中になる。

リラックス客車について

追加料金が掛かるものの、屋根はもちろん、完全に覆われている。一般的な電車を小さくしたイメージ。窓越しに外の風景を見られる。また、窓は開閉できる。ドアもある。席はかなり余裕があり、背もたれもある。言い忘れていたが1時間近く乗れるので、背もたれの有無は気になる人もいるかもしれない。

特別客車について

金額も内容も、普通客車とリラックス客車の間の存在。

おすすめ

どう思われたか知らないが、とにかくおすすめは普通客車だ。とにかく吹きっ晒なので開放感が段違い。視界の上部も開けるが、特に視界下部にあたる、足もとは、鉄のクサリが張ってあるあるだけの自己責任仕様なのでスリルがあるのでおすすめだ。

ただしこんな人は要注意

吹きっ晒で困る点もある。雨はもとよりそれなりのスピードになるので風が凄い。あと、レールの上を荒々しく進むので騒音が凄い。トンネルもよくあり、反響してますます凄い。特典はこれだけではない、山育ちの発育の良い虫が来る。大きい蜘蛛かと思うほど長い足の5cmぐらいの虫が飛んできた。虫嫌いの人は、虫に驚いて、慌てて振り払い、足がもつれて谷底に落ちることもあるかも。虫にビビって死ぬやつにあまり興味がないので、正直どうでもいいけど、他のお客さんは嫌なものみてストレス溜まる。せっかく発散しにいって、かえって溜まるのは悲しい。虫嫌いはリラックス客車を勧める。

以上。