ゾウさんの小鼻をヒクっとさせたいな

こんにちワンツー、まっすぐ行って右やで。

evernoteというメモ帳を愛用しているのですが、それをvimキーバインドで使えるようにしたいなと思い奮闘して見ました。

必要なもの
python
python markdown package
vim with +python
macを使っているので1番は気にしなくて大丈夫
2番に関してもインストールするだけなので後回しにする
さて、3番が問題。
+pythonを持っているvim?
なんのこっちゃさっぱりわからん
とりあえず僕のvimがそれを持っているのか調べて見る。
ターミナルを開いて

するとそれっぽいのズラズラと出て来た。
そのなかでpythonと書いているものを探すと、
+python/dyn と -python3 がある。
python3は – になっているけど、pythonは + になっている。
これはいけるのでは
ただ /dyn が気になる。
他にも色々調べたら、
vimを開いて

を実行する。すると 1 と帰って来た。
今度は、

を実行。すると 0 と帰って来た。
これらはvimでpythonが認識されているかを確認できるらしい。
今回の結果は、pythonは認識されていて、python3は認識されいないと。
さっきの + と – の同じ流れ。
/dyn はダイナミックを意味しているのがわかったが、
それがわかったとてという話。
とりあえず、今回は2番をすれば大丈夫っぽい
では2番に取りかかりましょう!
ターミナルから

をファイア!
下準備は完了。
ここから本題のプラグインの導入。
vimのプラグインを導入するのは初めてなので、
その辺の段取りも必要。
では、やっていきましょう
調べると、
プラグイン管理という概念があって、
それをするのにプラグインマネージャーをいうのを使うみたい。
その辺を調べて見ると、
NeoBundle.vimというのが結構出て来たが、
今後これを使おうと考えている人は
後継者のdein.vimを使ったほうがいいよとあり、
それと今後、ながーいお付き合いをしていこうと決めた。
公式ドキュメントを参考に進めていきます。
まず必要事項は
vim8.0以上かNeoVim
他にもありましたが、オプションなので無視しました。
NeoVimはよくわかりませんが、Vimのバージョンが8.0なので
今回は大丈夫。
まず、インストールするディレクトリを決める必要があります。
公式通り、~/.cache/dein でいきます。

次に .vimrc に下記を追加。

保存して、再度vimを開き、

を実行。
[dein] Done となった。
evervimのプラグインを導入する。

そして先ほどと同じように

を実行。
するとエラーがついに発生!

:help ever vim を確認するとその中に
markdownがインストールされているか確認する方法があったので
そのコマンドを実行するとmarkdownて名前のモジュールがないと出た。
どうやらうまくインストールできていない感じ。
なので、下準備の2番に再挑戦

そして先ほどと同じことをやったら、今度はエラーが出なかった。
再度

すると

どうやら、evernoteでのログイン用のトークンが必要なのでそれを取得します。
すると
うそ〜ん
今回はここでギブアップ。
また、違う方法を見つけて再挑戦したいと思っています。
ちなみに、象は記憶力が優れているため、evernoteやPostgreSQLに使われているみたいですよ